ニワカだけどアイドルが好き

在宅にて48グループを応援している管理人が日々思うことを書き綴るブログ

スポンサーリンク

塩井日奈子ちゃんがバカ正直にいろいろ喋っちゃったことについて

ひーこ(塩井日奈子ちゃん)が、今朝のSHOWROOMでいろいろ発言したことについて、物議をかもしているようですが…。


続きを読む

最終話 快進撃はここから始まる

翌日、宮野はいつものように球場へ向かっていた。


昨日の試合が終わってから、宮野はいろいろ考えた。なんとしても勝ちたい打ちたいという思いとそれが叶わなかった悔しさ、ファンからの称賛と今後への期待、それらを改めて感じた宮野にとって、もはや「引退」という選択肢はなくなっていた。

続きを読む

第四十一話 ぐちゃぐちゃ

思い切りバットを振った。全力で走った。そしてベースに向かって頭から飛び込んだ。しかし宮野がその両手を精いっぱい伸ばしても、ほんのわずかの差で間に合わなかった。宮野は悔しくて、しばらく立ち上がることができないでいた。

続きを読む

第四十話 ヘッドスライディング

2球続けての空振りで2ストライクと追い込まれていたが、宮野は落ち着いていた。甘い球が来ればいつでも打てるという自信があった。

続きを読む

第三十九話 スイングの迫力

大声援に勇気をもらった宮野は、もう中途半端なバッティングはやめよう、思い切りバットを振ろうと心に決めていた。もう迷いはなかった。

続きを読む

第三十八話 臨戦態勢

バットを握ってベンチから出てきた宮野の姿に、観客はざわめいた。そして場内アナウンスが「代打宮野」を告げると、スタジアムは大歓声に包まれた。

続きを読む

第三十七話 代打宮野

9回表、オイスターズが守備についた。1点のビハインドなら十分に逆転可能だが、追加点を取られればその分厳しくなる。ここはなんとしても0点に抑えたいところだった。宮野も懸命にベンチから声を出す。そしてスタンドからも大声援が送られた。

続きを読む

第三十六話 声で参戦

2ランホームランで先制した後はランナーを出すことができなかったが、3回が終わった時点でスコアは2-0と、まずはオイスターズが2点をリードした。

続きを読む

第三十五話 開き直り

特別な思いで臨んだ試合だったが、この日の宮野はベンチスタートとなった。だがそれは仕方のないことだった。なぜなら宮野の思いを知らない監督やチームメイトからすれば、この試合もいつもと変わらないシーズンの中の1試合にすぎなかったのである。

続きを読む

第三十四話 宮野の決断

監督との話し合いからおよそ半月が経過した。その間の宮野は、試合には出ていたものの相変わらず好不調の波が激しく、まだ調子を取り戻すきっかけをつかめずにいた。

続きを読む
スポンサーリンク
記事検索
アーカイブ
Twitter プロフィール
スポンサーリンク
グループ公式ブログ
スポンサーリンク
タグクラウド
  • ライブドアブログ