ひとつ前の記事で、AKB48と出会うまでのアイドル遍歴を書きました。
ここではAKB48にハマっていく様子(前半)を書いていきます。


あるとき、「秋元康さんがアイドルグループを作る」というニュースが話題になったような記憶があります。おニャン子を見てきた世代なので、ちょっと気にはなりましたが、「いまさらおニャン子のような成功はないだろう」ぐらいに思って、しばらく経つと忘れていました。

しばらくして、いつ結成し、いつデビューしたのかも分からないAKB48というグループが少しずつテレビに出るようになり、それが秋元さんのグループだと後から知りました。しばらくは「アキバフォーティーエイト」って読んでました。

テレビ番組やCMでよく見るようになったり、総選挙やその他の話題でニュースになったりするのを見ながら、面白そうなグループだなと思っていました。その総選挙の第2回目で、「前田敦子が敗れた」というのは結構衝撃的でした。「そんなことあるのか?」というより、「そんなことしちゃっていいのか?」という印象でした。

結果的にそのことが世間の興味を集めて、ヘビーローテーションという大ヒット曲が生まれたんですけどね。


時期で言えばちょうどそのころでしょうか、変なニュースがネット上をにぎわせていました。「さしこに改名」とかいうよく分からないニュースが。(笑)

ニワカなので内容は間違って記憶していたのですが、とりあえず「指」から始まる名前の「さしこ」と呼ばれている変なメンバーがいることを知りました。この時点ではフルネーム「指原莉乃」は覚えていないし、顔も知りません。でもAKB48関連のニュースに「指」あるいは「さしこ」という文字を見つければ、同じ人物だということが分かるんですよね。

その後も、「じゃんけん大会で大島優子に勝って土下座した」とか、「秋元康にセンターになりたいって言ったら放送作家になれって言われた」とか、「初の冠番組で史上最年少MC」など面白そうなニュースがいろいろありましたね。

もしかして記憶違いがあるかもしれませんが、こんな感じでネットニュースにたびたび登場する「指」から始まる名前のメンバーに興味を持つようになりました。フルネームも覚えつつありましたよ。まだ顔は知りませんが。(笑)


ところでみなさん、AKB48が知名度を上げてくなかで、ある言葉が同時に世間に広まっていったのを覚えていますか?

それは「推しメン」って言葉なんですけどね。もしかしたらオタクの中ではもっと前から使っていたかもしれないのですが、僕がこの言葉を知ったのはAKB48が有名になり始めたころなんです。そしてオタク以外の人たちもAKB48を話題にするときに「推しメン誰?」なんて使うこともあったんです。

当時は僕もAKB48ファンではない一般人だった(と思っている)ので、その「推しメン」という言葉を使いたくて、「俺の推しメン?指原だよ」って言ってました。まだみんな前田敦子とか篠田麻里子くらいしか知らないころだったので、ちょっと詳しい感じを出したかったというのもあります。ただ推しメンって言うからには顔も名前もちゃんと覚えましたよ。顔はしばらく時間がかかりましたけど。

こんないいかげんな理由で指原推しになりました。他の指オタさんたちに怒られそう。(笑)


その後はAKB48も指原さんも順調に人気・知名度をあげていき、大活躍でしたね。僕はというと、このあたりでだいぶハマってはいるのですが、まだまだこの先でもっとハマっていきます。

そう、あの大事件をきっかけにして…。

スポンサーリンク