ひとつ前の記事で書いた前半に引き続き、AKB48にハマっていく様子(後半)を書いていきます。


ヘビーローテーションがヒットして以降のAKB48は、テレビ番組への出演やCMの契約も増え、CDの売り上げも増え、じゃんけん大会などのイベントも盛り上がるという、ものすごく順調な時期だったと思います。

指原さん個人でも、さしこのくせに、ノットイエット結成、ヨンパラ、笑っていいともレギュラー、ソロデビュー、ドラマ主演、ゆび祭り決定と、破竹の勢いでしたね。

そのころの僕はといえば、まあまあAKB48にハマりつつも、テレビをたまに見逃してもあまり気にしない、時間が合えば見る程度という感じでした。あとはネットでもろもろチェックしたりですね。一方でSKE48やNMB48なんかにも興味を広げて、広く浅く楽しんでいました。


そうこうしてる間に、第4回の選抜総選挙が近づいてきます。

この時からテレビ中継がフジテレビになって、ゴールデンタイムにかなりの時間を割いて放送してくれたんですよね。しかもその中で、上にも書いてあるように大活躍の若手で、さらにちょうど笑っていいとものレギュラーだった指原莉乃にフィーチャーしてくれていました。

そしてその期待に応えるように結果はなんと4位。それも篠田麻里子を超えるという快挙を成し遂げました。自分の応援しているアイドルがこれほどまでに成長し、活躍の場を広げていくのを、実感しながら見続けているなんてそうあることじゃないですよね。

その後の報道で瞬間最高視聴率だったことも併せて、これ以上ない満足感の中、総選挙は終わりました。


そんな浮かれ気分のさなかに週刊誌の記事が…。

まあ心配になりますよね。びっくりしたとか腹が立ったとかいろいろ思うよりもまず「心配」っていう感情でした。ショックだろうし、人の前に出たくないだろうし、アイドル以前に芸能人を続けられるのだろうかって考えました。音沙汰のない数日間はなんかずっと心拍数が大きかった気がします。

ANNに秋元さんが出ることになって、「話題のあの子も呼ぼう」って言ったことで、少しだけホッとしました。深夜だしラジオブースの中だけど、プロデューサーと対峙するだけの気持ちの整理はついたんだなと思いました。その一方で、今後どうなっていくんだろうという、別の心配が生まれました。


普段、早寝早起きを心掛けている僕にとって、ANNを聴くなんてありえないんですが、この時ばかりは気になって夜更かししました。不思議と眠くならなかったのは、相当気になっていたんだと思います。

それまでの僕なら、芸能人の恋愛スキャンダルなんて面白いネタを提供してくれたぐらいにか思っていなかったのに、このときは心配ばかりしてて、いつのまにかどっぷりハマってたんだなと自覚させられましたね。


そして番組中にHKT48への移籍が決まりました。

言われた瞬間は「へ?」って思いましたが、正直に言って嬉しかったです。さらに別の心配が生まれるのですが、もうそこは本人に頑張ってもらおうって思いました。ただひとつ困ったことに、HKT48はほとんどチェックしてなかったんですよね。いそいでチェックしないと。

ここからHKT48にハマっていくことになります…。

スポンサーリンク