ウミガメ大好きニワカマンです。(←いつから?)

「ウミガメの子」でおなじみのふくちゃん(福田朱里ちゃん)、ここ最近はあるある祭りという企画が話題になっていましたが、今朝の配信はあるあるではなく、ウミガメについて語っていましたよ。

「おはようございまーす。朝から着てくれてありがとうございまーす。」
stu48_huku_20170613sr_01

前髪ぱっつんでストレート。たまにはこういう雰囲気もいいですね。


テロップには「ウミガメの卵を守ろう部屋」と書いてあります。

「ウミガメの卵を守る部屋です、ここは。ウミガメの卵を守る部屋。」

大事なことなので二回言ってますね。(笑)


「あのね、美らSUNビーチのウミガメの卵、本ステージとかとは違うとこだから大丈夫らしいよ。ただ一応、リスク回避のためにやってるらしい。昨日コメントが出てた。」

これは公式ブログで発表されたものですね。さすがは「ウミガメの子」でおなじみのふくちゃん、ちゃんとチェックしていました。

これは当ブログでも記事にしています。
↓↓↓↓↓↓
(関連記事)


「なんか17日?総選挙の日の直前とか当日に、ウミガメがまた産卵しに来るかもみたいな予想があるらしくて、それで『みんな近づかないようにね』っていう感じ。」


この部分に関する記述を公式ブログから引用します。
通常、自然の砂浜ではウミガメは同じ個体が同一シーズンに複数回産卵をする。今回の産卵の特徴から、次も美らSUNビーチに産卵上陸する可能性が高いと考えられた。再び産卵が17日の本番前にあると予測されたことや、本番に向けての設営作業などが上陸に影響を与えるのではないかという強い懸念があったことから、我々日本ウミガメ協議会と琉球大学のウミガメサークルで夜間調査を実施。

現時点では総選挙に向けた会場設営作業が日中に実施されていること。美らSUNビーチは管理されたビーチであることから22時以降は人の立ち入りがないこと。さらに街灯も22時以降は消灯されることからウミガメの産卵上陸には適していると見ている。


同じウミガメが、もう一度産卵しに来る可能性が高いということなんですね、そしてその時期が総選挙の直前ではないかという予測まで。

22時以降はビーチに入れず、街灯も22時で消灯、総選挙のイベントも22時には終わっているし、その設営作業も夜間には行われない。つまり産卵やふ化の時間帯には影響はないということなんでしょうね。

あとは日中にビーチへ行く人間が、近づきすぎないように注意すればいいということでしょう。


ふくちゃんはウミガメの知識が豊富なようで、産卵がどのように行われるかを、絵に描いて教えてくれました。

(13:09から)
「(コメントで)ウミガメの卵の外敵はなんですか?」
「卵の外敵っていうか、あのね、ウミガメが卵バーッて産んで…、えーっとね、描こうか。」

「こう砂があって、こうやって穴をあけるのね、まず後ろ足で。」
stu48_huku_20170613sr_02

ウミガメのぬいぐるみを使って、後ろ足で砂を掘る動作を説明するふくちゃん。


「で、ここの尻尾のとこから、ぼとぼとって卵を落として、ここに埋めるのね。」
stu48_huku_20170613sr_03

「すっごく時間かけてやるの。」

ニュースや動物番組とかの映像で見るやつですね。すごく時間がかかるということを、しっかり説明するところがカメ好きっぽいですね。


「またこの後ろ足でサッサッと砂をかけて、またここにね、砂をかけるの。」
stu48_huku_20170613sr_04


「これで、この母ウミガメは海に帰っていくんだけど、この子ガメたちがいるじゃない。で、この子たちがね、こう生まれて、頑張って掘ってね、出てくるのよ。」
stu48_huku_20170613sr_05


「だけどこれで、海に行くまでに、海の光で行くんだけど、こっち(海とは反対側)に車とかあったり、建物があったりしたら、こっちの光に向かってウミガメが行っちゃうから、死んじゃうのね、海に行けなくて。」
stu48_huku_20170613sr_06


「(海に)たどり着けても、おっきくなるまでに、例えば100匹生まれたとして、100匹かな?何百匹も生まれたとして、大人になれるのは1匹か2匹なんですよ。」
stu48_huku_20170613sr_07

「海の中で食べられたり、弱って死んじゃったりして。」

「だからウミガメの卵を守んなきゃいけないんです。」

ふくちゃん、ちょっと熱くなった感じがしました。本当にウミガメが好きなんだなあと。


コメントで対策などを書いてくれる人もいたようですが、
「人間が荒らすもんじゃないね、たぶん。余計な手を加えてもダメなんだと思う。」

ふくちゃんはちゃんと考えてますね。一貫して「そっとしておく」という考えのようです。僕もその考え方には同感です。


あのウミガメが、無事にふ化して海へ帰れますように。






スポンサーリンク