今朝起きたらそんなニュースが飛び込んできましたね。テレビ朝日の番組で、バトル形式のオーディションをするらしいんですが、はたしてどんな番組、そしてどんなアイドルになるのでしょうか。

いくつかネットニュースに記事がありました。その中から日刊スポーツさんの記事を引用します。

 AKB48グループ総合プロデューサーの秋元康氏(58)が、“究極”の女性アイドルグループを新たに手掛けることが7日、分かった。「プロアマ問わず兼任可能」という前代未聞の応募条件を掲げるテレビ朝日系オーディション番組「ラストアイドル」(8月開始、放送日未定)を総合プロデュースし、そこで勝ち残った7人がグループとしてデビューできるという。

 同番組を舞台に、応募者たちがCDデビュー(年内予定)をかけたバトルを繰り広げていく。まず、応募者の中から番組初回に登場する7人が選出される。番組ではその後、毎回、挑戦者1人が登場し7人のうちの1人を指名してパフォーマンス対決。挑戦者が勝てば即メンバーに加入して活動開始し、指名された敗北者は脱落するという「メンバー入れ替えバトル」が毎週続く、リアルなオーディション番組となる。


そのアイドルグループは7人と決まっているんですね。まずは暫定で選ばれた7人がいて、挑戦者がその中から1人を指名して対決、負ければ即脱落という。これはかなりシビアな内容ですね。

これは放送を重ねるとある程度のファンがつく可能性が高いから、そういう子が脱落したときのネットのざわざわが怖いですね。勝った瞬間からアンチがつくとか、あとは審査員が叩かれるとかありそうですよね。



それにしても秋元さん、仕事増やし過ぎじゃありませんかね。

国内48グループが6つ、坂道が2つ、声優アイドル22/7があってさらにこの番組から出るグループと、アイドルグループだけで10個目ですよ。たぶんアイドル以外にも仕事していますよね?体がもつのか心配になりますね。

10グループあったら、少なくみて年間にシングル25枚くらいですかね。シングル1枚に最低6曲は必要だとして、シングルを出すために年間150曲以上か。さらにはアルバムや公演曲も…。

やっぱり仕事増やし過ぎだと思う。(小並感)



ところでこの新しいアイドルグループへの期待値ってどうですかね?現状いろんなグループを応援したりチェックしている中で、もうこれ以上手が回らないっていうのもあるんですが…。

なんか最初から「最強」だとか「究極」のアイドルグループと謳ってしまうと、僕が思うアイドル感からは離れてしまうんですよね。もっと身近な存在であったほうが入り込めるような気がします。

個人的な考えですが、アイドルって「未熟なもの」であってほしいと思っています。よく「成長過程を楽しむもの」っていう表現がありますが、それと同じようなことです。あまり言うと今応援しているグループの悪口になりそうですけど。(笑)



ただ個人的にはそうでも、世間のニーズみたいなものは変わりつつありますかね。アイドルって、いつの時代も「今までにないもの」を模索してきたように思います。

それまでならあり得なかったようなアイドルが、逆に新鮮だと受け入れられてヒットすることはよくありました。たとえば全くの素人をテレビに出したのがおニャン子クラブだし、笑わないアイドルWinkもそうですよね。

始まりは邪道だったものが、世間に受け入れられて王道になるというのが、アイドルにはよくあることだと思っています。だからこの番組も今までの常識を覆す(秋元さんの言う予定調和を壊す)ようなものになってくれるといいですね。

そんな視点でこの番組を楽しみたいと思います。



余談ですが、このグループもゆび祭りに出たりしますかね?

スポンサーリンク