毎年週プレのライターさんなどが独自に評価しているTIF2017のMVPと美少女ベスト3が、今年も出ました。初参戦のSTU48やイコラブからも選ばれていますよ。

【特別編】の前に【全編】【中編】【後編】もあります。一応記事のリンクを貼っておきますので興味のある方はどうぞ。けっこう長いですよ。(笑)

世界最大のアイドルフェス「東京アイドルフェスティバル2017」レポ! アイドルってのは、ゴールのないマラソンなんだよ!


そしてこの【特別編】

まずはこの記事の冒頭から引用しますが、
8月4日~6日の各日を総力レポートした全3回に引き続き、今年もやります! 「週プレTIF大好き取材班」のメンバー(4人)がそれぞれ選んだMVPチームと、この3日間で見つけた「キラキラ美少女ベスト3」を発表!(※あくまで個人の感想です!)
タイトルにも「独断と偏見まみれのMVP&美少女ベスト3」とあるとおり、まさに独断と偏見で気に入った子を挙げていく記事のようですね。(笑)

この中から48グループとイコラブにピックアップしてみたいと思います。


まずお1人目のライター篠本634さんがピックアップした中には、48グループもイコラブもいませんでした。残念。


続いて2人目の関根弘康さん。今回はまずMVPにHKT48を選んでくれました。
【MVPチーム】HKT48
チェアマンを務めた指原莉乃さん。正直、今年はHKT48としては、彼女の顔にドロを塗るわけにはいかないから、かなり気合いが入っていました。すごかった! TIF2日目の昼は若手中心メンバーで攻め、夜は完全な横綱相撲。経験値もあり、さらに若手も戦えるメンバーが揃っていました。やっぱりライブはHKTですね!
ライブはHKTと言ってくれるのが嬉しいですね。


美少女ベスト3にはイコラブ佐々木舞香とSTU48石田千穂。
●佐々木舞香(ささき・まいか)【=LOVE】
=LOVEは正直、みんな可愛いです。センター候補がゴロゴロしています。その中でも髙松瞳と佐々木舞香は素晴らしいです。でも、実際のパフォーマンスを自分の目で見たら、佐々木さんの印象が思っていたのと違ったんです。想像の上をいっていた。あと…もう個人的好みというのもあります。カワイイです!
この子はプロフィール画像やSHOWROOMでの印象とは別人のようで驚きますね。もうちょっとクールな感じの子だと思っていました。


●石田千穂(いしだ・ちほ)【STU48】
正直、彼女については完全にノーマークでした。当然、センターの瀧野由美子さんを中心に見ていたんです。でも、ライブ中、石田さんで視線がぽーんと止まってしまった。小さくて可愛くて、ふわっとしていて。心温まる優しい空気をパフォーマンス中になぜか感じてしまったんです。ステージを観て優しさが伝わるなんて、そんなコいませんよ!
ノーマークだったんですね。まあ今のところ前面に押し出されている数人ほど目立った活動はありませんからしかたない。でも逆にそれでも目に留まる存在感があったということですよね。観て「優しさが伝わる」という評価はなんかわかるかも。あとは歌声の魅力も伝わってほしいなあ。


3人目のまみやけいさんの選ぶアイドルにも48とイコラブはなし、そして最後の武田敏将カメラマンが選ぶ美少女ベスト3にイコラブから髙松瞳ちゃん。
●髙松瞳(たかまつ・ひとみ)【=LOVE】
実は、TIFが始まる前、週刊プレイボーイの8月31日発売号で=LOVEを撮影したんです。その時の髙松さんを見て…偉そうですみませんが「このコ、大丈夫なのかな?」という不安があったんです。でもステージでは…すごかった。アイドルになっていました。普通の女子がアイドルになった、その成長っぷりにヤラれましたね。
ファンよりも先に接する機会のあるカメラマンさんらしいエピソードですね。イコラブはこのTIFのステージが人前での初パフォーマンスでしたから、そんな不安を感じさせていた子が堂々とアイドルやってたらヤラれますね。そしてTIF本番にセンターのクオリティをきっちり仕上げてくるイコラブというグループもすごい。


この記事は、お仕事というよりは完全にアイドル大好き目線で評価している感じがいいですね。それぞれにこだわりとか独自の評価があっておもしろいです。

その中でも特に石田千穂ちゃんの名前があってうれしい。あれだけ多くのアイドルがいる中で、誰かのベスト3に入るってすごいことですよね。


スポンサーリンク