話題になっている音楽ナタリーさんの記事、吉田豪さんがさっしーにインタビューしているものなんですが、これが確かに読み応えがエグいんですよね。お互いの信頼関係もあるんでしょうけど、かなり踏み込んだ部分まで語っていて面白いです。

さっしーもツイッターで宣伝。

コメント付きでツイートするぐらい読んでほしい記事ということなんでしょうね。



ということで記事を読んだ感想を。



まず秋元さんの書く歌詞について。

──秋元さんがよく言う話があるじゃないですか。「田舎の漁港のボロボロのスピーカーから流れてくるのが本当の流行歌であって、だから凝った音作りとかは関係ない」っていう。

ああ、うんうん。そういうことじゃないんだぞっていう。

──最近それをすごい痛感したことがあって。「TIF」でレンタル自転車を使って移動してると、あの暑い中、遠くから48グループの曲が聴こえてくるんですよ。すごいハマるんですよね、そのシチュエーションに。そして、すごいよく聞こえるんですよ。ああ、秋元さんが言ってたのはこれなんだろうなと思って。

最近、秋元さんがあまりにも新規公演を書かないから、「よそに外注したほうがいいんじゃないか」ってファンの声があったりするんですよ。HKTの場合、始動からもうすぐ6年経つのに、まだオリジナル公演を持っていなくて。だからファンの方はとにかく「劇場公演を早くやってほしい」「新規公演作ってほしい」って言うんですけど、やっぱり私は秋元先生の詞だからここまで来れたし、結局一般の方に知ってもらっている曲が多いのも秋元さんの詞だからっていうのがあるから。自分がAKBを好きになったのも、秋元さんの詞が好きだったからだし。私は秋元さんってすごいなって改めて思いますね。特に最近、イコラブだったりSTUだったりで昔のAKBの曲をカバーさせてもらったんですけど、間違いなく盛り上がるし。


僕もどちらかと言えば秋元さんに書いてほしいと思う派です。ただグループが増えていく中で秋元さん一人で作詞することにも限界があるんですよね。それが例えばこの記事にもあるHKTのオリジナル公演の問題にもつながってしまう。

今後48グループが継続していくことを考えると、どこかで秋元さん以外の作詞ということも考えていくべきかもしれませんよね。SKK47のように、信頼できる作詞家集団を作って少しずつ書いてもらうようにするとか。

でも実は秋元さんの制作意欲をかきたてるようなメンバー、あるいはメンバーの言動やエピソードがあれば、一気に書いてくれるような気がしなくもない。今は秋元さんにヒントを与えられていないのかもしれませんよね。

そういう部分が良い方向へ向かってくれるのが理想的なのかも。



続いて沖縄の開票イベント中止のときのツイートについて。

その時のさっしーのツイートは…

なかなか辛辣な内容ですよね。(笑)


この件についてインタビューではこのように語っています。

──あれ、ほかのアイドルグループじゃ無理だと思うんですよ、絶対。

実はあれ、秋元さんに「ちょっとこうなってるんです、ひどいですよね」みたいに送ってたんです。秋元さん、実はあんまり沖縄で開票イベントをやることに関してはそこまで関わってないというか、運営が決めてたんで。秋元さんも「いいですね、じゃあそうしましょう」って進めてる感じで、ちゃんとは把握してなかったみたいなんです。それで秋元さんに愚痴ってたら、「Twitterで書いてもいいですよ」って言われたんです。

──そうだったんですか!

そう。だから、じゃあ今この瞬間の写真を撮ろうって。写真を撮って、秋元さんも言ってるし「載せるか」と思って。「今の状況をあるがままに伝えて、ファンと一緒に『どうなるんだ?』って気持ちを共有できるようにしなさい」って。ホントに作家さんの考え方ですよね。


やっぱり秋元さんはすごいなあ。こういう部分は普通隠したくなるものだし、それを自分やスタッフではなくメンバーに発信させてしまうなんて。そういう意味では任されるさっしーの信頼感もすごいんだと思う。

それもただ面白がっているとかじゃなくて、ファンと気持ちを共有できるようにっていう考えがあって、この状況をできる限り伝えたほうがいいっていう判断ですから、瞬時にそれができる秋元さんは本当にすごいなと。


思えばGoogle+を始めたときに、スタッフの検閲なしが面白いみたいなこと言ってたけど、それが今は(おそらく)スタッフが目を通しているような印象ですよね。その後755やSHOWROOM、最近はツイッターやインスタへとシフトしているのは、秋元さんが運営のフィルターを外そうとしているのかもしれないなって思えます。

上にも書きましたけど、秋元さんはメンバーからのヒントが欲しいと思うので、スタッフがチェックしていない生の発言から何かを得たいんじゃないのかなって、そんなことありませんかね?(笑)



そして吉田さんの質問にあった前田敦子さんのことについて。

──前田敦子さんを取材したときにすごい思ったんですよ。ボクが「アイドルって大変な職業ですよね」って聞いたら、「え? アイドルって一番簡単ですよ。誰にでもできます」って答えが返ってきて、かなりの鍛えられ方だなって(笑)。

すごいですよね(笑)。そういう意味でも総選挙は絶対に出たほうがいいと思います。いろんなことを乗り越えられるから。


あっちゃんのこういうところ本当にすごい。(笑)

誰よりもアイドルとしての大変な部分を味わっていると思うんですけど、こういう風にサラッと言えてしまうのはあっちゃんぐらいじゃないでしょうか。もう大変だったことも懐かしい思い出ぐらいになっちゃってるんですかね。

もしかしたら「アイドルになるだけなら簡単」っていうような真意があるんじゃないかとも思えますよね。そこからトップにたどり着くには大変な思いがあるけど、「なる」だけなら極端な話「宣言すればいい」だけとも言えますからね。

どちらにしても、自分から苦労話を語るみたいなことをしないあっちゃんって、やっぱり大物感がすごいなと思いました。



もっといろいろ感じたことはありますが長くなるのでこのへんで。興味のある方はぜひ記事を読んでみて下さい。「読み応えエグい」は間違いないですよ。

あと記事の最初に書いてあった「裏アカ」の件については、感想を書こうとすると嫌な内容になりそうなのでやめました。(笑)


スポンサーリンク