今年のじゃんけん大会では、「サンコン」と「せいうち」を中心にHKT48やSTU48メンバーのいるユニットを応援していました。昨年までHKT48が弱すぎてあまりじゃんけん大会で盛り上がった覚えがなかったことと比べ、今年はとっても楽しかったです。


ここでは「サンコン」について書きます。


まあこの3人といえばノースリ、フレキス、ノイエでそれぞれユニットデビューしている人たちですから、そこまで勝ちにこだわっていないというか、イベントを盛り上げるほうを優先するんだろうなって思っていました。

と言ってもじゃんけんなので、結果は運次第なんですけどね。


その意味では3回戦まで勝利して、ブロック代表決定戦で負けるという展開はよかったんじゃないかと思いますね。直接対決して敗れたユニットからすると、自分のとこで負けてくれよって感じはありますけど。そこはまあしょうがない。


予備戦ではさっしーvsまいこむ、本戦1回戦ではさっしーvsちよりという、気心の知れたHKT48の1期生との対決が続いて、なんか勝ち負けと言うよりもその相手との対戦になったことでもう楽しかったですね。

個人的には2回戦の「門石石」との対決はちょっと心が痛みました。サンコンにも多少は勝ってほしいけど、「若い子たちにもチャンスを」みたいな気持ちでしたね。


結果的にはさっしー、ゆきりん、みぃちゃんがそれぞれ順番に1回ずつ勝利して、2巡目のさっしーで敗退するという。さっしーは本戦ではいつも初戦だけ勝って2戦目に負けるパターンでしたから、久々の本戦出場でも今まで通りだったということですね。



惜しいところまで行って負けるところも、客席を上手に煽るところも、おぎやはぎさんとのからみも全部ひっくるめて、イベントを盛り上げていたんだと思います。さすがサンコン。



サンコン敗退の瞬間。


さっしーのツイート。

いやほんとに仕事してましたよ。(笑)


スポンサーリンク