第68回NHK紅白歌合戦の出場歌手が決定しました。48グループと坂道からはAKB48、乃木坂46、欅坂46の3グループが出場することになりました。なんだかんだで3枠という感じなんですかね。


紅白歌合戦の公式ツイッターより。


まあ興味のない人からすると「似たような大所帯のグループが3つも出るのか」と言われてしまいそうですが、3枠で頭打ちみたいな感じは支店推しにはつらいところですよね。今の坂道の勢いからすると、しばらくこの3グループで固定なんじゃないかと思えますし。

支店が出られる可能性があるとしたら、坂道の勢いが多少落ち着いてきて、なおかつ世間に浸透するような大ヒット曲が生まれることが最低条件ですかね。かなり難しそう。


それよりも今年は、「夢の紅白選抜」やらないんですね。やらないというか、とりあえずその発表はなかったんですね。

正直あまりうれしい企画ではなかったんですけど、あれのメリットを挙げるとすれば「48グループの全メンバーに出場するチャンスがある」っていうところじゃないですか。つまりあの企画がないっていうのは、支店メンバーは基本的に出場できないということが確定してしまってるんですよね。

実際にはAKB48として誰が出るのか発表されてはいませんけど、おそらく11月のアンクレット選抜とAKB48に籍があるメンバーですよね。兼任は出られたとしてもそれ以外の支店メンバーはないだろうなあ。


「夢の紅白選抜」がないとして、じゃあ今年の企画ってなにをやりますかね?AKB48は何かしらの目玉企画があると思うので、去年の投票企画みたいなものでないのなら、純粋に受け身で楽しめますかね。

なんなら各姉妹グループと中継で結んで大合唱とか。そうすればみんな出られますよね。


スポンサーリンク