日ごろから「虹色せとりっぷ」に出演するメンバーの情報やオフショットなどを発信してくれている宮脇アナのツイートですが、最近はそのツイートの中でメンバーのキャラクターなどを踏まえた異名のようなものを、宮脇アナが勝手に命名しているんですよ。

それがなかなか的確だったので記事にまとめてみました。


最初に使われたのはこのツイート。

ちほちゃんは「STUの若きエース」と名づけられました。

これまで番組に出演したメンバーは年長メンバーが多く、ちほちゃんは今のところ出演したメンバーの中で最年少でしたから、若きエースという表現がぴったりなのかもしれませんね。アイドルの王道という感じ。



続いてはあいおちゃん。

「STU48の仏」だそうです。

メンバーやファンからは菩薩といわれることが多いですが、それと同じようなイメージですよね。穏やかでいつもニコニコしている、絶対に怒らないそうな人柄だと、みんなが思っているんですよね。



そして今週登場するみいちゃんは、

「STUのオールラウンドプレイヤー」という、これはかなり評価が高そうな異名ですね。きっとロケで大活躍だったんだろうなと。

トークも上手だし、人の話やまわりの状況を的確にとらえて受け答えることとか、きっと頭の回転が速いタイプなんだと思います。せとりっぷのロケはいろんな施設の一般の人と対話するので、その場に合わせた対応力が求められるんですよね。そういうのを上手にこなしたんだろうなあ。



ちなみにずいぶん前ですが、ほのたんは…


まだこのころは「勝手に命名」はなかったのですが、STU48のカープ女子と言われていました。これは納得ですね、「矢野バティスタ帆夏」っていう部分も含めて。(笑)

もし今のように「勝手に命名」があったらなんて言われましたかね?ニワカマンが勝手に命名するとしたら「STU48のリードオフマン」みたいな感じかな。まずは自分が先頭に立って道を切り開くようなイメージで、ちょっと野球用語っぽい言葉だからぴったりかなと。



宮脇アナは番組中の振舞でも感じるんですが、出演したメンバーのキャラクターを最大限に引き出してくれている感じがあって、見てて楽しいんですよね。その宮脇アナが、実際にロケを行って感じたものから「勝手に命名」しているので、すごくわかりやすいんだと思います。

これからもメンバーを勝手に命名するの楽しみです。


スポンサーリンク