ではニワカマンはどうしましょうかと考えた結果、専念とまでは言わないものの、かなりほのたん寄りのSTU48船推しという感じになりそうです。(今までとなにも変わっていないような…w)


瀬戸内7県ツアー最終日、広島会場の夜公演で序盤4曲の後、さっしーから兼任解除の報告がありました。デビュー曲のプロモーションや握手会に参加できないということと、HKT48ともう一度向き合うということが主な理由で。

聞いた瞬間は絶句でしたよ。そして「そりゃないよー」という思いですね。

昼公演は盛り上がって、やっぱりさっしーがいると楽しいなーって改めて感じてたのが、夜公演はこの話が頭から離れず、なんかもやもやしたままニコ生を見ていました。


終演後にさっしーがツイート。
メッセージの画像。
DPeKaHEUMAAFIWv


僕の勝手な解釈ですが、最初から両方のグループ(さらにイコラブ)にフルで参加するのって無理だと思ってたんですよね。きっと多くの人がそう考えていたんじゃないかと思います。

じゃあそれでなぜ引き受けたのかというと、きっとHKT48については少しずつさっしー抜きで自立させる方向だったように見えたので、それならSTU48に力を入れられるということだと、そう勝手に考えていたんですよ。

どうやらちょっと違っていたようですね。



思い込みとは言え、さっしーが合流すると期待してSTU48をチェックしていたら、いつの間にかSTU48にすっかりハマってしまったので、まあこれは今更抜けられませんよね。

HKT48のほうはちょうど6周年のイベント真っ最中でとても盛り上がってましたが、さっしーがHKT48に専念するとなってからは、素直にその盛り上がりを楽しめず、うらやましいなーという気持ちになっていました。

ここで「うらやましい」と思うんですから、これはもうHKT48よりもSTU48側の視点ということですよね。もちろんHKT48も好きなんですけど。



ちなみにさっしーが来るということで上乗せされていた期待値は、もうこれは最初からなかったものと考えることにします。そうすれば別にマイナスっていうわけじゃないから、今のメンバーに対する期待値だけで楽しめると思います。

厚めに関わってくれるのならもちろんありがたいことですが、ちょっとしか関われずに名前だけ残すよりは、今回決断したように兼任解除が正解なんだと思いますよ。

まあ完全に縁が切れるわけじゃありませんしね。逆に考えれば少しの間だけでも同じグループのメンバーだったという縁ができたのですから、今後いろいろ相談に乗ってくれたりもするでしょう。



ということでニワカマンは、ほのたん推しのSTU48船推しで行きたいと思います。たぶん今までもそんな感じでしたからあまり変わらないですかね。さっしーについてはもちろん応援しますが、ちょっとSTU48が厚めになると思います。


ブログもちょっと見直そうかな。(未定)


スポンサーリンク